カテゴリ一覧

>Column>中古クレーンの購入ときにはここをチェック!失敗しない秘策

中古クレーンの購入ときにはここをチェック!失敗しない秘策

クレーン

中古のクレーン車を購入する際見ておきたい箇所は多く存在します。チェックポイントを理解しておく事でトラブルが起きにくくなります。また、整備不良や故障しているクレーンでの運転は人命にも関わる重大な事故に繋がる恐れがある為、車体選びは慎重に行いましょう。まず、中古クレーンを選ぶ際基本的な事ですが問題なく動作するかの確認をします。動かない車体を購入する必要はたとえ格安でもありません。修理代の目算ができれば購入の余地はあります。点検整備記録簿付属の有無も重要になってきます。どれだけの整備を正しく行っているかの確認ができる書類になります。簡単な整備のみしか行っていなかった車体では信憑性に欠け、購入後自身で整備を行った際に欠陥がみつかる恐れが高くなるリスクがあります。

中古クレーン購入の際は、確認しておかないと重大な事故が発生するリスクがあります。必ず確認しておかないといけません。まず、補強板の有無の確認が必要です。フレームを囲むもので後付けの鉄板なんてこともある為、十分な強度を有しているか必ず確認が必要です。安全装置が正しく機能しているかも要確認です。操作ミスを検知し動かなくする安全装置が機能していなかったら、操縦者のみならず車体回りの物や人に対し大事故に繋がる可能性があるからです。補強板と安全装置の確認は中古クレーン購入の際は必須になります。不十分であると判断したら購入しないことが懸命です。できれば、ラジコン装置の確認も行うと良いです。装備済なら動作の確認は必須です。

男の人